f:id:yarukimedesu:20120418191821j:image

 もう、あんまり、タバコに関して書くこともないけれど。相変わらず吸いたい。きっと、「あんなもん二度と吸うか!」という気持ちになって、思い出さないくらいに、なって、本当にタバコを卒業したことになるのだろう。

 禁煙セラピー…禁煙できているけど、効いてない…。

 両親が旅行中のために、生協の荷物の受け取りは、私がやる。私は、無職で、ニートみたいなモノだけど、引きこもりじゃあないから、開き直って、ご近所さんの前にでることは(そんなに)ためらわない。

 しかしながら、ご近所さんは、30越えた男が平日昼間にいて、無職だというのは…どう思っているのかな。現代社会…とか思っているのだろうか。

 ちなみに、『生協』だが、遠い昔、大阪の腐れ親戚にディスられたことがあって、あんまり、公の場で「生協で食べ物買ってますねん。」ということは、はばかれることだと思ったが…大阪の親戚は、大阪の親戚でアレだから…つまりは、泥試合みたいなモノかな。

 この気持ちに達するのに、30歳過ぎてからだから、親戚も適当にしてくれたものだ…。


 今日は、ホームページを作ったり、雑アフィリエイトをやったりしてたが、あんまり、何かをやった気持ちにならない。なんだかんだで、日々のタスクはこなしているが…。うーむ。

 毎日のようにジャンプ感想を書いているが…。

冒頭の回想シーンの女の子。恐らく、「オーグレス編」でのキーとなった女の子だったと思うのですが、名前とか、さっぱり忘れていたので、インターネットで検索してみました。

加納ありさか回想の女の子は…スケット・ダンス第229話「トラブル・トラベラー③」等ジャンプ一言感想『破』ジャンプ2012年20号4【週刊少年ジャンプ感想】

 感想は、感想であって、「セールス」ではないな…と思った。非常に今更だけど…。なんつーか、酷い言い方をすると、感想って、「こんな風に私の感性!」の意味が強いように思える。まぁ、良いっちゃあ、良いけど…。

 では、マンガのセールスって何かな?読んだ感想…とは別の「自分は、このマンガは良いと思うから、(買って)読んで欲しい。」という気持ちを文章に書いて…そして、購入に至る…は、難しいように思える。

 もしくは、私、ナカノ実験室の知名度が死ぬほど高かったら…「ナカノ実験室が読んでいる」ということが、アピールポイントになるような気がするが…。



 晩御飯は、にんじんマヨたらこスパゲティを作って、ビールを沢山飲んだ。スパゲティを茹でるのと、にんじんを茹でるのを平行させるズボラ料理だが…実は、野菜と一緒にスパを茹でるのは…プロもやっている技だったりする。

 この後は、小説でも書こーか!と思っているけど、ビールがまわって、そのまま、寝るかも知れない。こまねち。