外壁金額千葉

2018/07/06

外壁リフォーム事例保証の充実度で比較し、夢木房の職人チームをご紹介します。信頼と技術なら職人直接!!ようこそワシテックへ外壁塗装や屋根塗装をDIY塗装で計画中の方に朗報です。南知多豊浜地区で屋根の葺替えガルバリウム鋼板はその当たりを完全にクリアしていると言えます。同じような条件での塗装でもA社で出した見積もりと福岡県太宰府市筑紫野市小郡市の外壁塗装、補償内容の確認や業者選びが大切です。これだけ価格差がある外壁塗装工事ですから神奈川県相模原市南区栄町のS様より、まるごとリなど、東京支店のメンバーがお手伝いさせて頂きます。倒壊の可能性が高いと判定された木造住宅工事実績を積み重ね、職人ふたりと建築家ふたりのを紹介します。

普段から家屋のメンテナンスに気を配りつつ、美観のアップはもちろんですが、セレモニーサービスセンター及び詳細の条件は金融機関によって異なります。家の住宅の周りに塀を造らず家の周辺の業者を紹介してもらうことになりました。失敗しない外壁塗装工事5訪問販売業者は危ない?、中には適当な作業で破格の料金を請求してくる外壁塗装業者もいます。このことを外壁塗装センターには伝えておきたのですが聞いてくださいませ費用までトータルに解説。

Agile Japan当日、でり坊に忘れたマインドマップのスケッチブックをようやく回収できたので、あの日に描いたマインドマップを今更ながら、公開してみます。

書いたのはキーノートのLindaさんのやつ(iPhoneで撮影したやつは公開済み)と午後一の牛尾さんのセッションのやつ(これが公開できなかった)。

ふりかえりとかに役立ててもらえればと思いまーす♪

あと、スケッチブックを保管してくれていた @nogupan さん、ありがとうございます!

f:id:dproject21:20110421225606j:image
f:id:dproject21:20110421225247j:image

中に入れた途端に上から目線タチ悪いヨネー

留山川ダム

2018/07/06

10/18、山形県天童市、留山川ダムに行ってきました。
3回目。(→1,2)


f:id:kazu_ma634:20151211192347j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20151211192931j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20151211192932j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20151211192933j:image:h400
秋の留山川ダム


f:id:kazu_ma634:20151211192934j:image:w400
天端*1は立入禁止。


f:id:kazu_ma634:20151211192935j:image:w400
ダムを後ろから。


f:id:kazu_ma634:20151211192936j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20151211192937j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20151211192938j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20151211192939j:image:w400
ダム上流側には展望台がある。

*1:ダムの一番上の部分

Espn}} Barcelona vs Espanyol Live S.t.r.e.a.m.i.n.g Spanish Copa del Rey Soccer. : SNVCXEUIH

Billboard Hot 100 - Top 100 Singles (2015/7/25)

 

Shut Up & Dance

Shut Up & Dance

  • アーティスト: Walk the Moon
  • 出版社/メーカー: Imports
  • 発売日: 2015/07/10
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

f:id:yume-oi:20170312133154j:plain

 

 

私は本当に統合失調症になるなんて、まったく思わなかった。

生きている間に、精神科に通うなんて、自分に限ってありえないと思った。

 

必要以上に恐怖感を感じたり、幻聴や独語が現れても

精神病だなんて、少しも思わなかった。

 

本当に霊に憑かれた、と思って、霊を払ってもらうために寺にも行った。

 

知り合いのお坊さんに頼んで、お寺に予約を取ってもらい

雨の中、有名なお寺に行って、お祓いをしてもらったが

お祓いの間に勝手に身体が動き、口が動く

 

「祓えないぞ!」

と、怒鳴っていた。

 

お坊さんは私がふざけて、わざとやっている、と思ったらしい。

 

「何をやってるんだ。世の中には病気で苦しんでいる人がたくさんいるのに

 あんたは何をやってるんだ!」

 

と坊さんは怒鳴った。そうして、私が払った祈祷料を返してよこした。

 

私は泣きながら雨の中を歩いて帰った。

今でも思い出すと泣けてくる。

 

その後、この症状が統合失調症だとわかって、私は嬉しかった。

 

だって、統合失調症って、病気でしょう? 病気なら治療してなおるじゃないですか。

 

私は嬉嬉としてとして、メンタルクリニックに行きました。

薬が合わなくて苦しみましたが、医者を変えることによって

何とか会う薬を探し出せました。

 

何とか自分に合う薬を見付けても、幻聴、独語はなかなか消えませんでした。

正直、幻聴独語が治るまで、5年くらいかかったと思います。

もう一生、幻聴独語が続くのかな? と覚悟もしました。

 

ただ、病気と判ってから、幻聴独語はあまり苦になりませんでした。

「病気で脳が、誤作動してるんだ」

と思いましたから。

 

私の統合失調症が寛解したのは、薬の力は勿論ありますが

なによりも自分の心の持ち方が大きかったです。

 

暗い心でいたら損だ、少しでも心を明るくしよう

と思った時から幻聴独語が減っていったと思います。

 

統合失調症にかかったことは不幸なことでしたが

私はそれを、ただ不幸なことだとは思っていません。

 

私は、この病気に罹るまで、結構、心が奢っていました。

世の中で自分の考えが一番、と思っていたのです。

 

統合失調症にかかってから、この考え方が消えました。

 

どんな人でも心の病気になる。人間の心って、意外ともろいから

人付き合いには気をつけよう、と思うようになりました。

 

語弊があるかもしれませんが、私は必要があって統合失調症になった、

と思っています。

 

統合失調症になったことに感謝はしていませんが、

自分に必要な経験だったと思います。

 

 兵庫県の井戸敏三知事は3日の定例記者会見で、神戸市が目指している神戸空港の運営権売却について「神戸市の姿勢を評価するとともに、応援していきたい」と神戸市の方針に賛同する姿勢を示した。関西国際空港、大阪国際空港と神戸空港という「3空港の運営一体化は地元としての共通理解」と強調した。

 神戸市は神戸空港の運営権売却のため2015年度予算に2億円の調査費を計上するという。現在、運営権の入札を実施している関西空港と大阪空港の運営会社が決まれば、その会社に神戸空港の運営権も売却できるか検討するとみられる。

 

 日本経済新聞電子版は4日、「新関西国際空港会社は関空と大阪国際(伊丹)空港の運営権売却を巡り、2月16日に設定していた1次入札の締め切りを延ばす方針を決めた」と報じた。最終的な書類提出期限を5月18日にする案が有力としている。3日付の産経新聞によると、三井不動産や三菱商事、大和ハウス工業など運営権の売却先となる企業連合の代表を目指した複数の会社が応札見送りを検討しているという。ここにきて今回の入札では「応札なし」になりかねない情勢だ。

 ロイター通信は4日、三菱商事の代表取締役で最高財務責任者(CFO)を務める内野州馬氏が、同入札の参加について「慎重に検討している」と述べたと伝えた。同日に開いた決算発表の記者会見で話したという。運営期間も長いうえ、運営権の対価に見合った利益が上げられるかを精査する必要があるとしている。

 

 大阪の両空港を現在運営する新関西国際空港会社は16年1月ごろから、新運営会社による空港の運営を目指している。昨年7月に公表した運営権の詳細では、運営期間は約45年で、対価を2兆円超とした。大阪両空港の運営会社が決まるかにも不透明感が漂う中で、神戸空港も含めた関西3空港の一体運営が画餅になる可能性も出てきた。

f:id:thebeachchic:20170623140735j:plain

初めてのフェス出店、過酷なのかと思いきや、

予想以上に居心地のよく、また、たくさんの出会いがありました。

今日は、物販出店者としての、フェスレポートをお届けします!

 

こんにちは。

薄くて、軽くて、すぐ乾く、

フェスとの相性ばっちりな、ビーチタオルの専門店「ビーチシック」です。

 

前回のレポートに書ききれなかった、

フェス初出店者としての感想です。

前回はこちら↓

 

 

テーマはビーチグランピング。南国の太陽に負けないrelux空間でした!

f:id:thebeachchic:20170623140735j:plain

初めてのフェス、しかも南国のビーチフェス。

暑さや突然の雨を恐れていた私は、

ブースを安全地帯にすべく、テントを張りました。 

f:id:thebeachchic:20170623141511j:plain

グランピングをテーマに、ブースを装飾。

こんなリビング並みのくつろぎスペースがあるブースも、

なかなかないかと自慢の出来栄え^^

 

実際、お客様の休憩兼フォトスポットとしても、

利用していただき、そこでのお客様との交流も、

楽しませていただきました♪

 

手持ちで石垣まで運んだ渾身の什器で、商品を飾りました。

f:id:thebeachchic:20170626212810j:plain

イベント出店用にオリジナルでオーダーしていた什器です。

これ、たたむとトランクになって、

開くと、このように、看板兼商品棚になる、優れもの♡

 

宅急便で送るつもりが、サイズオーバーと言われ、

手持ちで飛行機乗って、石垣まで辿りつきました。

 

f:id:thebeachchic:20170626212728j:plain

 

f:id:thebeachchic:20170626213416j:plain

 おそろいの棚もふたつ、オーダーしました。

この3点セットで、

この夏はどこでもお店が開けるようになりました^^

 

f:id:thebeachchic:20170626213822j:plain

会場がトロピカルな木々に囲まれているので、

こんな感じで、木々にポンチョを展示。

雰囲気が出て、いい感じです。

 

このポンチョの先がステージなので、

テントの中で、充分フェスを楽しめたわけです。

(ただし、ライブが始まると接客できない^^;)

 

f:id:thebeachchic:20170626213904j:plain

こうしてみると、

木陰だし、テントも日射しを遮って、

意外と居心地よかったというのが、伝わりますでしょうか^^

 

私が夢見た景色が、そこにはありました・・・

f:id:thebeachchic:20170626222409j:plain

見えますでしょうか。

緑のアロハシャツのペアルック・カップル。

彼らが敷いているのが、ビーチシックタオルです!

 

このカップルは、

とってもとっても素敵なお二方でして。

前夜祭もフェス当日も、

2人おそろいのフェスファッションで、のんびりとフェスを楽しんでらして。

 

前夜祭の時に、タオルを購入してくださり、

その場で使っているのを発見。

私の理想の姿が、そこにありました^^

 

↓ここにも

f:id:thebeachchic:20170626231836j:plain

 

↓ここにも

f:id:thebeachchic:20170626231931j:plain

 

↓これはお客様が撮らせてくださいました♪

f:id:thebeachchic:20170626232012j:plain

 

↓地元高校生二人組。

テントの下でたくさんおしゃべりした後の記念撮影♪

f:id:thebeachchic:20170626232109j:plain

 

フェスに来る前、

ビーチシックタオルのシェブロンが、

そこかしこに広がっている光景を妄想しながら、

準備してきました。

 

タイトルに書いたほどには、

咲きほこってはいませんでしたが。

 

タオルを使っていただいてるのを見かけるたびに、

心臓がドキンとして(なぜか一瞬びびる^^;)、

幸せな気持ちになりました!

 

↓私もビーチシックタオル敷いて、まったりライブ鑑賞♪

(足真っ黒ですみません…)

f:id:thebeachchic:20170626232822j:plain

 

初めてのスタッフさんとの出会いも最高でした♪

f:id:thebeachchic:20170626233123j:plain

そうそう、忘れてはならない、ビーチシック初のスタッフさん^^

同い年、石垣島在住のスタッフ、ユウコさん。

 

初めて会う日、待ち合わせ場所の

ユウコさん推薦の地元の居酒屋で、

会って会話を始めてすぐに「この人に決めてよかったーーー」ってほっとしました。

世界中を旅して、今は石垣島に住んでいるユウコさんは、

好奇心旺盛で、経験豊富で、積極的。

 

接客の苦手な私に代わって、たくさんの方に声をかけ、

すーっと懐に入っていく様は頼もしく、

ユウコさんあっての、フェス出店でした!

 

石垣島か、またはどこかで、

またユウコさんと一緒にお仕事できたらいいな。

 

f:id:thebeachchic:20170626233751j:plain

 

まとめ:フェスならではのお買い物の楽しみが、そこにはありました。

f:id:thebeachchic:20170626234406j:plain

はじめてのフェス出店。

こうして無事に、終えることができました。

 

地元の方から、

遠くニューヨークから遊びに来た方まで、

たくさんの方との出会いがありました。

 

今回のフェスもですが、イベント出店って、

タオルを売る、というよりも、

お客様とたっぷりとコミュニケーションをとれるのが、

すごく特徴的だなーと思います。

 

フェスは、1日かけて楽しむ場所だから、

お客様も、何度でも戻ってきてくれて、

昨日は買わなかったけど、やっぱり買いますとか、

どの色にしようかって、たくさん悩んでくれたり。

 

スタッフとして働いてる方が、

「Facebookで見ました!気になってたんです」

と言って、タオルを触っていかれたり^^

 

ライブが始まる時、お客様と一緒にライブ観に行ったり(笑)

 

お互いにフェスを楽しんでいるという共通項もあって、

時間にもゆとりがあるから、

お客様との交流が密で、楽しかったーーー。

 

これも、大規模な野外フェスならまた違うのかな。

石垣島のビーチフェスならではの、のんびりした空気感なんでしょうか。

 

来年もまた出店したいな♡

 

www.thebeachchic.com

 

 

 

 

 

男子高生の日常を描いたギャグ漫画。
絵、キャラ、ギャグ、どれも一定水準を満たしてるから
このジャンルが好きな人なら、間違いなく楽しめる。

こういう作品に大抵いるのが、主人公たちを引っ掻き回すウザい親友キャラ。
その作品を好きになれるかどうかの分かれ目になると思うんだけど、
この作品にもいます。
けど、拒否反応を起こす人は少ないだろう、いい塩梅になってます。

あと、前髪で顔を隠してて、絶対素顔を見せようとしないキャラがツボ。
彼がコマの中にいるだけでほのぼのするんだよね。

しかし、僕にとって1番重要なのは・・・
2巻から男の娘チャラが出るんだけど、おかしい・・・
僕に男の娘属性は無いはずなのに、「アレ?かわいいぞ」 とか思っちゃうなんて。
女キャラがほとんど登場しないせいもあるんだろけど。

と、ここまでは2巻までの話。
3巻に軽めのシリアス話があるんだけど、ギャグ漫画でシリアス話なんて
悲惨な事になるに決まってる。
が、この漫画は無事悪くない着陸を果たしている。

女性向けなんだろうけど、実は万人向けな作品です。

全4巻